胃がん 症状 治療 手術


「回復の兆しが訪れるまで、早くて2週間、
平均で3ヶ月。
あなたも、まだまだ間に合います。 もっともっと生きられます。」

ガンの治癒100%、再発0%に挑戦し続ける井上先生の食事療法だからこそ、試してみる価値があります。
・・・・・>> 詳しくはこちら



胃がん 治療 胃がんは、胃の粘膜に悪性の腫瘍ができる病気です。この胃にできる悪性の腫瘍は、胃の粘膜層の深い部分から発症してきます。
そして、悪性のがん細胞は進行するとともに、胃の外側や他の臓器へも転移していきます。 胃がんの転移は多くがリンパ節へ転移し、更に肝臓へと進行していきます。やはり早期発見が一番重要なことです。

胃がん治療について

胃がんの治療には、いろいろな心配があります。
胃がんの治療には、外科手術や放射線療法、抗がん剤などの薬物路湯法などがあります。

これらの胃がんの治療には、リスクや副作用、また合併症や手術後の生活に対するショックやストレスがあります。

胃がんの治療を始める前には、担当する医師と十分に治療方法などを、話し合うことが大切になります。
治療方法は胃がんの進行状況や症状によって違いますが、例えば抗がん剤を使う治療であれば、この抗がん剤の副作用について、十分に理解が必要です。
がん治療には欠かせない抗がん剤は、強い副作用があり、治療が長期化すれば副作用とも戦わなければなりません。

抗がん剤を使わない場合でも、胃の摘出手術を行い、胃の大部分を摘出して場合は、術後の生活は一変します。
まず食生活は、以前のような食生活はできまくなり、食べ物にも気を付けなければなりませんし、いを全部摘出したなら、体力も落ち生活に支障が出ることもあります。

手術後の経過は大切で、術後に多くの方は、胃を摘出したことによる合併症に悩まされる方が多くおられます。
これは輸入脚症候群や輸出脚症候群、貧血といった症状です。


胃がんの治療後には、一番懸念されることががんの再発です。
胃がんは一度かかると、再発するリスクが高くなります。これを防ぐ為にも、定期的に経過観察の検査を来院して受けなければなりません。
これは、胃がんの治療の程度にもよりますが、毎月来院しなければならないこともあります。

胃がんの治療は、治療中の苦痛にも耐えなければなりませんが、胃を摘出したなら、その後の食生活やそれからのストレスとも闘わなければなりません。

胃がんの治療を始めることは、発見から一刻も早く行うことが望ましいですが、このような生涯にわたって様々なことと戦わなければならないことも理解しましょう。