胃がん 症状 治療 手術


「回復の兆しが訪れるまで、早くて2週間、
平均で3ヶ月。
あなたも、まだまだ間に合います。 もっともっと生きられます。」

ガンの治癒100%、再発0%に挑戦し続ける井上先生の食事療法だからこそ、試してみる価値があります。
・・・・・>> 詳しくはこちら



胃がん 治療 胃がんは、胃の粘膜に悪性の腫瘍ができる病気です。この胃にできる悪性の腫瘍は、胃の粘膜層の深い部分から発症してきます。
そして、悪性のがん細胞は進行するとともに、胃の外側や他の臓器へも転移していきます。 胃がんの転移は多くがリンパ節へ転移し、更に肝臓へと進行していきます。やはり早期発見が一番重要なことです。

胃がんの検診は定期的に

胃がんの検診は、様々な検査がありますが、一般的な内視鏡検査とX腺検査について、ご紹介します。

胃がんは早期に発見されれば、治療も軽く済み、胃がんの再発のリスクも少なくなりますので、検診は定期的に受けるようにしましょう。

胃がんの検診は、まず最初にX腺撮影による胃の検査が行われます。
X腺撮影は、バリウムという造影剤飲み、胃の中の凹凸を確認する検査です。
一般に言うバリウム検査ことで、苦手な方も多いでしょう。
バリウムは、便が硬くなりがちですが、検査後に下剤で排便すれば問題はありません。
便秘がちな方は心配されるようですが、安心して検査できます。

X腺撮影の検査にかかる時間も短く、それほど苦痛にはなりませんので、出来る限り受けるようにしましょう。

X腺検査の次に行われる検査が、内視鏡検査です。
内視鏡検査は、一般に言う胃カメラのことです。
X腺撮影よりも、胃の内部にカメラを入れて胃の内部を観察しますので、更に詳しい検査ができます。
また、ごく小さなポリープであれば、その場で切除することも可能です。
そして、更に詳しい検査のために、胃の粘膜の一部を取り出し、がん細胞がないか更に顕微鏡で検査することもできます。

内視鏡検査では、胃がんだけではなく、胃炎や胃潰瘍といった疾患についても検査することができます。

内視鏡検査は発見できない胃がんもあり、胃がんがごく初期のがんで、胃の粘膜の深部にある場合や、スキルス胃がんのように発見が難しい胃がんは見過ごすことがあります。
これを防ぐ為にも、内視鏡検査は定期的に受けることがんぞましいです。

これらの検診は、年に一回程度受けるようにしましょう。