胃がん 症状 治療 手術


「回復の兆しが訪れるまで、早くて2週間、
平均で3ヶ月。
あなたも、まだまだ間に合います。 もっともっと生きられます。」

ガンの治癒100%、再発0%に挑戦し続ける井上先生の食事療法だからこそ、試してみる価値があります。
・・・・・>> 詳しくはこちら



胃がん 治療 胃がんは、胃の粘膜に悪性の腫瘍ができる病気です。この胃にできる悪性の腫瘍は、胃の粘膜層の深い部分から発症してきます。
そして、悪性のがん細胞は進行するとともに、胃の外側や他の臓器へも転移していきます。 胃がんの転移は多くがリンパ節へ転移し、更に肝臓へと進行していきます。やはり早期発見が一番重要なことです。

胃がんとステージの意味

胃がんにはそのがんの進行状況や症状によって、ランク付けがされます。
このランク付けは、胃がんい限らず他のがんに対しても分類されます。

このランはステージといい、1から4までに分けます。
この数字が小さいほど症状や進行状況は軽度で、数字が大きくなるほど重傷になります。

胃がんの場合、ステージ1で発見することは困難で、ほとんどの方は1以上のステージまで進行して発見されます。

それでは胃がんにおけるステージについて紹介します。

ステージ1は、早期胃がんといわれる段階で、胃がんの自覚症状は、全くといっていいほどなく、そのまま放置され、さらに進んだステージで発見されるケースが多くみられます。
この時のがんは、胃の粘膜とその粘膜の下層部に溜まっている状態であります。
この時点で内視鏡手術などでがんの摘出手術を行えば、ほぼ胃がんは完治でき、再発や転移もありません。この時点で尾がんを発見するには、定期的ながん検診が重要になります。

ステージ2では、がん化した細胞は胃の粘膜の下層部にあって、まだ表面には進行していない状態です。
この時に胃がんが発見されれば、ステージ1の時と同様に、内視鏡などで摘出手術が可能です。
胃がんと診断された患者のの多くは、この段階でがんの腫瘍の摘出手術を行います。

ステージ3になると、胃がんはかなり進行した状態の進行胃がんになり、がん細胞は胃の表面にまで進行してきます。
更に、胃のまわりのリンパ節にも転移し、徐々に治療が困難になります。
この場合の摘出手術になれば、胃の大部分が摘出されることになります。

ステージ4は、胃がんの治療はほとんど困難になり、末期といわれる段階になります。
胃がんは周辺のリンパ節から、肝臓へと転移し、切除手術もできない状態になります。
この状態になれば、がん治療ではなく、命を長らえる延命治療になります。

以上が、各ステージの胃がんの症状と治療法です。