胃がん 症状 治療 手術


「回復の兆しが訪れるまで、早くて2週間、
平均で3ヶ月。
あなたも、まだまだ間に合います。 もっともっと生きられます。」

ガンの治癒100%、再発0%に挑戦し続ける井上先生の食事療法だからこそ、試してみる価値があります。
・・・・・>> 詳しくはこちら



胃がん 治療 胃がんは、胃の粘膜に悪性の腫瘍ができる病気です。この胃にできる悪性の腫瘍は、胃の粘膜層の深い部分から発症してきます。
そして、悪性のがん細胞は進行するとともに、胃の外側や他の臓器へも転移していきます。 胃がんの転移は多くがリンパ節へ転移し、更に肝臓へと進行していきます。やはり早期発見が一番重要なことです。

スキルス胃がんは発見しにくい

胃がんは早期発見・早期治療が完治への早道であります。
しかしがんの発見が難しい、発見しにくい胃がんがあります。
これは、症状は通常の胃がんと変わりなく、胃の粘膜にがん細胞が発症し腫瘍ができる症状なのですが、がん細胞の発症する場所が、深い部分に発症するため、通常の検査では発見が難しいのです。
通常の胃がんでは、胃の粘膜の表層にがんの腫瘍ができ、内視鏡手術で切除が可能なのですが、最初から胃の内部の深部に発症するため、切除するより発見がでず、かなり進行してから発見されることがあります。

この胃がんは「スキルス胃がん」といい、胃がんの中では厄介な胃がんになります。

この「スキルス胃がん」は、医療機関でがんの検診を受けても、検査で発見できず、医師の診断でも胃がんと診断されないことです。
例えば、一年に一回、定期的にがんの検診を受けていても、もし、スキルス胃がんで発見されなかったら、更に一年、胃がんを放置する結果になります。
この場合、次の定期検診を受ける前に、不快な症状が現れ医療機関を受診する方がおられます。
これは、胃がんの自覚症状が感じられない結果です。

「スキルス胃がん」が厄介な胃がんであり理由は他にもあり、この胃がんは治療が困難であることです。
がん細胞の腫瘍が発症する場所が、胃の粘膜の深部発症し、早期胃がんであっても、内視鏡手術などで取り除くことが困難だからです。

しかし、落胆することはなく「スキルス胃がん」にも治療法はありますので、前向きに治療に努めましょう。
「スキルス胃がん」の予防法は、通常の胃がんと同様に、日常の食生活が大きく関係し、やはり塩分の多い食事は発症の原因になりますので、控えた食事を摂るように心掛けましょう。