胃がん 症状 治療 手術


「回復の兆しが訪れるまで、早くて2週間、
平均で3ヶ月。
あなたも、まだまだ間に合います。 もっともっと生きられます。」

ガンの治癒100%、再発0%に挑戦し続ける井上先生の食事療法だからこそ、試してみる価値があります。
・・・・・>> 詳しくはこちら



胃がん 治療 胃がんは、胃の粘膜に悪性の腫瘍ができる病気です。この胃にできる悪性の腫瘍は、胃の粘膜層の深い部分から発症してきます。
そして、悪性のがん細胞は進行するとともに、胃の外側や他の臓器へも転移していきます。 胃がんの転移は多くがリンパ節へ転移し、更に肝臓へと進行していきます。やはり早期発見が一番重要なことです。

胃がん最新治療の免疫療法

胃がんの治療法で近年、注目を浴びている治療法があります。
胃がんの治療法は、内視鏡手術のように、腫瘍を摘出する外科手術や、抗がん剤を使い、がんの細胞を死滅させる治療法や、放射線を照射してがん細胞を死滅させる、放射線療法があります。
一般的に行われる胃がんの治療法といえば、これらが挙げられるでしょう。

現在行われている胃がんの治療法には、それぞれにデメリットがあり、患者の負担になっています。
抗がん剤の使用は、強い副作用があり、放射線路諭法や内視鏡手術では、手術そのものが行えないなど、さまざまな問題があります。

これら問題やデメリットを克服した治療法が「免疫療法」です。

人にはそもそも病気やケガをしたときに、これを修復しようとする免疫力が働きます。
風邪が治ることもケガが治ることも、この免疫力が働いています。

胃がんの免疫療法は、この人が持っている免疫力を高め、胃がんの治療に役立てようとする治療法です。
この免疫治療法は、もともと人が持っている能力ですから、副作用もなく、治療のチャンスを逃すこともありません。

免疫療法はこれ自体の単独で行われる場合と、薬物の投与などと併用で行う場合があります。

胃がんに限らず他の疾患に対しても、その人の免疫力が高ければ、病胃にかかることはないのですが、免疫力が弱いと疾患にかかってしまいます。

がん細胞は健康な方にもあり、免疫力が強いから発症しないだけです。
この免疫力の働きを利用すれば、胃がんの治療に十分に役立てることができます。

免疫療法は、胃がんの治療において、最新のがん治療として注目を集めています。
副作用がないのなど、メリットの多い治療法です。