胃がん 症状 治療 手術


「回復の兆しが訪れるまで、早くて2週間、
平均で3ヶ月。
あなたも、まだまだ間に合います。 もっともっと生きられます。」

ガンの治癒100%、再発0%に挑戦し続ける井上先生の食事療法だからこそ、試してみる価値があります。
・・・・・>> 詳しくはこちら



胃がん 治療 胃がんは、胃の粘膜に悪性の腫瘍ができる病気です。この胃にできる悪性の腫瘍は、胃の粘膜層の深い部分から発症してきます。
そして、悪性のがん細胞は進行するとともに、胃の外側や他の臓器へも転移していきます。 胃がんの転移は多くがリンパ節へ転移し、更に肝臓へと進行していきます。やはり早期発見が一番重要なことです。

胃がんと抗がん剤治療

胃がんが発見されたとき、治療法として検討されることが患部の切除です。
胃がんが発見されたときの状態で、治療法はいろいろと検討されます。
もし、発見が遅く切除手術やレーザー治療などが困難な場合、抗がん剤の投与が行われます。

抗がん剤を使う治療法は、化学療法の薬物療法になります。
現在抗がん剤はたくさんの抗がん剤が認可されていて、副作用の少ない抗がん剤へと、日々研究開発が行われています。

がん治療で抗がん剤の使用は、他の治療法と併用して行われます。
例えば、放射線療法と抗がん剤の併用です。または、切除手術の後で完全にがん細胞を残さない方法として、抗がん剤が使われます。

がん細胞の切除手術を行っても、一つのがん細胞が残っているだけで、がんは再発します。
また、切除手術では、完全にがん細胞を取り除くことはできません。
この予防策として、抗がん剤が投与されることがあります。

このほかの抗がん剤の治療法としては、残念ながらがんの進行が末期の状態になった場合の、延命治療の治療法として使われることです。
胃がんが末期の状態になり、切除手術も放射線療法も効果が期待できない場合や、これらが行えない場合に、少しでも生命を長らえるために抗がん剤投与が行われます。


抗がん剤の投与は、がん細胞に対して効果的に働きますが、これと同時に正常な人の細胞にも効果を現し、強い副作用を招きます。
この副作用は、患者にとても負担になり、食欲がなくなり、嘔吐も繰り返し体力が減退してきます。
抗がん剤の治療は体力の温存が大切になります。

追う丸剤のみでの胃がんの完治は、難しいでしょう。しかし、胃がんの進行を少しでも抑えることは可能です。