胃がん 症状 治療 手術


「回復の兆しが訪れるまで、早くて2週間、
平均で3ヶ月。
あなたも、まだまだ間に合います。 もっともっと生きられます。」

ガンの治癒100%、再発0%に挑戦し続ける井上先生の食事療法だからこそ、試してみる価値があります。
・・・・・>> 詳しくはこちら



胃がん 治療 胃がんは、胃の粘膜に悪性の腫瘍ができる病気です。この胃にできる悪性の腫瘍は、胃の粘膜層の深い部分から発症してきます。
そして、悪性のがん細胞は進行するとともに、胃の外側や他の臓器へも転移していきます。 胃がんの転移は多くがリンパ節へ転移し、更に肝臓へと進行していきます。やはり早期発見が一番重要なことです。

早期胃がんにはレーザー治療

胃がん治療の方法で、内視鏡による患部の切除手術と同様に効果的な方法があります。
ただしこの方法は、胃がんが早期胃がんであることが条件で、これ以上の進行胃がんでは適用できません。

その治療法はレーザー光線を使った治療法で、胃がんの腫瘍をレーザーを照射し、がん細胞を焼いて死滅させます。

この方法は、内視鏡のように胃の一部や患部を切除して取り除くのではなく、患部を焼く手術です。この方法だと、切除手術より患者の負担が少なく、回復も速いメリットがあります。
また、身体へのダメージも少なく、一回のレーザ治療で、がん細胞をごとんど死滅することができます。つまり、再発や転移のリスクが格段に少なくなることです。

レーザー治療が行える胃がんは、あくまでも早期胃がんだけであって、その後の進行がんは別の治療法がとられます。
また、がんが他への転移がないことも条件で、リンパ節や肝臓などの他の臓器への転移がないことです。


レーザー治療で行う手術の方法は、がん竿棒に反応する薬剤を投与し、がん細胞を発光させます。
手術は内視鏡手術のように、患部を観察しながら、薬剤で発光したがん細胞をレーザーを照射して焼いていきます。これでがん細胞を死滅させます。
または、患部の広範囲にわたってレーザーを照射して行う方法もあります。

このレーザー治療が行えるか、できないかでは、後のがんの再発や転移に大きく関係します。
また、胃がんが完治できるかにも関わってきます。

何度も申しますが、レーザー治療が行える条件は、早期胃がんであることです。
どのようながんでも、早期のがんであれば、このように完治が望めます。
特に胃がんは、進行が遅いがんですので、定期的にがんの検診を受けましょう。
これが、がんの早期発見で早期治療が可能になります。