胃がん 症状 治療 手術


「回復の兆しが訪れるまで、早くて2週間、
平均で3ヶ月。
あなたも、まだまだ間に合います。 もっともっと生きられます。」

ガンの治癒100%、再発0%に挑戦し続ける井上先生の食事療法だからこそ、試してみる価値があります。
・・・・・>> 詳しくはこちら



胃がん 治療 胃がんは、胃の粘膜に悪性の腫瘍ができる病気です。この胃にできる悪性の腫瘍は、胃の粘膜層の深い部分から発症してきます。
そして、悪性のがん細胞は進行するとともに、胃の外側や他の臓器へも転移していきます。 胃がんの転移は多くがリンパ節へ転移し、更に肝臓へと進行していきます。やはり早期発見が一番重要なことです。

胃がんと漢方薬治療の効果

胃がんの治療方法ととしていろいろな方法が取られますが、東洋医学を利用した漢方薬で治療する方法があります。

漢方薬での治療は、放射線を使った放射線療法や、抗がん剤を使う化学療法のように、即効性のある効果は期待できませんが、直接に、胃がんのがん細胞へ効果を現すのではなく、様々な方向から改善を助ける効果をもたらし、胃がんの改善や治療を行います。

漢方薬で行う胃がんの治療は、患者個人の症状や体調など、身体の改善が必要な部分に効果がある漢方薬を処方します。
この為に、すべての方にそれぞれにあった漢方薬が処方され、患者によってすべて違う漢方薬を使います。

漢方薬を使う治療法が向いている患者さんは、抗がん治療で体力がなく、、またこの副作用で様々な障害が出ている方や、高齢などで体力がなく、がん治療は困難な方に行われます。

漢方薬は、体力が減退して抵抗力がなくなっている方に、これを改善する漢方薬を処方して体力の回復をみます。
また、抗がん剤の副作用などで食欲が減退している患者さんに、食事後取れるような効果がある漢方薬の処方がされます。

通常のがん治療は、患者さんにとってかなりの体力を消耗します。
例えば、胃がんの患部の切除手術を行った後の体力の回復は大切で、次の抗がん剤治療にも影響します。
抗がん剤治療に備えるためにも、体力の回復や改善が必要になりますので、必要とされる方法が漢方薬の治療です。

胃がんの治療は、進行がんになれば治療期間のも長期化します。
長期化すると、患者さんの負担も多くなり、体力はもちろん、免疫力も低下してきますので、これを温存するためにも、漢方薬の治療法を取り入れてみてはいかがでしょう。
漢方薬の治療は、副作用がないことが最大のメリットです。