胃がん 症状 治療 手術


「回復の兆しが訪れるまで、早くて2週間、
平均で3ヶ月。
あなたも、まだまだ間に合います。 もっともっと生きられます。」

ガンの治癒100%、再発0%に挑戦し続ける井上先生の食事療法だからこそ、試してみる価値があります。
・・・・・>> 詳しくはこちら



胃がん 治療 胃がんは、胃の粘膜に悪性の腫瘍ができる病気です。この胃にできる悪性の腫瘍は、胃の粘膜層の深い部分から発症してきます。
そして、悪性のがん細胞は進行するとともに、胃の外側や他の臓器へも転移していきます。 胃がんの転移は多くがリンパ節へ転移し、更に肝臓へと進行していきます。やはり早期発見が一番重要なことです。

胃がんは早期発見が大切

胃がんはよく知られている病気ですが、この胃がんについて詳しくご紹介していきます。これを参考にされて、胃がんの予防と改善に努めてください。


胃がんは、胃の粘膜に悪性の腫瘍ができる疾患です。
この胃にできる悪性の腫瘍は、胃の粘膜層の深い部分から発症してきます。
そして、悪性の腫瘍が進行するとともに、胃の外側へも転移し、更に他の臓器へも転移していきます。
胃がんに限らず、がんの治療は早期に発見して、早期に治療を行うことが完治へつながる大切なことです。

胃がんは、少し前までは日本人の死亡原因の第一位に挙げられていました。
しかし、近年では胃がんは死亡原因が、男女ともに第二位に挙げられています。
もともと日本は胃がんの発症率が世界的に見ても高い国で、アジアの他の国である中国や韓国でも同様に多く、アメリカでは胃がんの発症率は多くありません。


胃がんは、初期症状のわかりにくい疾患で、ほとんどの方が胃がんに発症していることに気付かないまま、進行するケースがみられます。
胃の調子が悪く、市販の胃薬を飲んでいても改善しない場合は、既に胃がんが進行している可能性が考えられます。
このような方の多くは、病院などの医療機関で医師の診察を受けずに、市販薬で治そうと考える方がほとんどということです。

胃がんの早期発見は、会社で行う健康診断や定期検診で見つけることです。
最近のがん検診は、精度も進化し、検査機能は十分に確立していますので、是非、年に一度はがん検診を受けて頂きたいです。

がんは早期発見できれば完治できる病気です。